ワキガ 臭い 季節

どの季節が一番ワキガの臭いがキツクなる?

どの季節が一番ワキガの臭いがキツクなる?

気になるワキガの臭い…ニオイが強ければ強いほど、鼻にくるのはもちろんのこと、ひどいと頭痛やめまいを起こす場合もあります。
さて、そんなワキガですが、どの季節が一番臭いがキツイと思いますか?

 

1.夏

 

2.春

 

3.冬

 

4.秋

 

いかがでしょうか。
ワキガではない人の答えで多いのは「1番の夏」です。
もちろん、年間通して臭いはあるのですが、実際にワキガの人にとって臭いが気になるのは、「4番の秋から3番の冬」なのだそう。
なぜでしょうか。
汗をかくとワキガ臭がするのはわかります。
そのために夏が臭うであろうことは想像がつきますよね。
しかし、実は秋から冬にかけてのニオイで困っている人が多い…それは、厚着と暖房、水分の関係によってくるのです。

 

 

わかりやすくお伝えすると、夏は皆さん多くの方は半そでに薄い上着を羽織る程度で、室内にいればクーラーがきいていて涼しく快適に過ごしているか、もしくはクーラーがききすぎて寒い思いをしているか…そんな方が大勢いらっしゃいます。
営業で1日中外回りしているという人もいることでしょうが、今は電車の中もバスの中も涼しく、暑いのは外に出ている少しの時間という人が多いと聞きます。
そうなると、あまり汗をかかないため、ワキからの臭いも発しにくいということが考えられます。
仮に大量に汗をかいても、半そでで薄着であればサッと拭くことができますよね。
夏で一番気を付けたい時間は、朝の通勤電車と帰りの電車です。
この時間帯が一番臭いがキツイと思いますので、ワキガの人も、周りの人もしっかり対策を行いましょう。

 

そして、秋から冬にかけてのワキガですが、これは多くの理由に暖房が考えられます。
暖房は上半身を暖めるものが多く、どうしてもワキに汗をかきやすくなります。
その上で、水分をあまりとらないとなると、老廃物が多く溜まるとこになります。
そして、汗をかくことでかなりキツメの臭いを発してしまうということが考えられます。
ワキガの人にとって、汗はかいたらすぐに拭きとることが鉄則です。
しかし、冬場はどうしても厚着をしているため、汗をかいていることに気付けなかったり、また拭くのも一苦労で億劫になりがちですが、そこで面倒臭がってはいけません。
また、冬こそしっかりと汗をかくために、サウナもお勧めですが、そんな時間がとれない方は、しっかりと毎日湯船につかって汗をかくようにしましょう。

 

ワキガの人にはできる限り汗をかいてもらって、老廃物を溜めないようにしてもらう!これも対策の一つですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ